教育目標・学校運営

教育目標

 教育基本法および学校教育法の精神に則り、かつ本校の歴史と伝統を重んじ、地域社会・生徒の実態等を考慮し、 知・徳・体の調和のとれた人間を育成するとともに、すすんで他人や社会に貢献できる有為な人材を育成するため、次の目標を掲げる。

  1. 謙虚な心と強じんな意志をもって学業に勉め、すぐれた知性を身につけた人間の育成
  2. 豊かな情操と強健な身体を養い、たくましい生活態度を身につけた人間の育成
  3. 自主的・自律的に行動できる、清潔にして誠実な人間の育成

教育方針

 教育目標を達成するため、次に掲げる教育方針に基づく教育を行う。

  1. 学校教育全体を通じて知・徳・体の調和的発達を促進し、豊かな感性と情操の育成に努める。
  2. 学問尊重の精神を培い、自学自習の態度を育成し、学力の向上と進路指導の充実に努める。
  3. 自律的生活態度と協調の精神を養い、広い視野と社会性の涵養に努める。
  4. 部活動を中心とした生徒の活動を盛んにし、心身の健康の増進を図り、強じんな意志の育成に努める。

学校運営方針

 教育目標を達成し、地域に信頼され開かれた学校づくりを目指して、次の学校運営方針を掲げる。

  1. 教育課程の適切な運用・実施により、人格形成を柱として進学指導の充実を図る。
  2. 教員一人ひとりが積極的・主体的に学校運営に参画できる組織体制と、教職員間の協力態勢を構築する。
  3. 教育活動の基盤となるHRを充実し、学年担任会と各分掌・教科が連携する指導体制を構築する。
  4. 教員の研修・研究の機会を積極的に設け、実践的指導力の向上を図る。
  5. 家庭や地域との連携を図り、評価と公開に基づく透明性のある学校づくりを進める。
  6. 教職員自らが心身の健康の保持増進と服務規律の厳正に努め、資質の向上を目指す。
  7. SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業を効果的に活用し教育内容の充実を進める。